イタンジン(ITANZINE)

不動産テックを
推進するチームのWebマガジン

2021-02-19

IT 重説徹底解説マニュアル③ 営業支援ツール「ノマドクラウド」でもっと手軽に IT 重説!

OGPImage_IT重説3_v1IT 重説徹底解説マニュアル①では IT 重説の概要やメリット・デメリット②では国土交通省が発表した注意点についてお伝えしてきました。シリーズ最終回となる③では、弊社サービスである「ノマドクラウド」のビデオ機能を用いた場合の、IT 重説の一連の流れについてご紹介していきます!

賃貸仲介業向け営業支援ツール「ノマドクラウド」

ノマドクラウドは賃貸仲介業向け営業支援システムで、顧客管理から顧客コミュニケーションの簡略化、自動追客などさまざまな機能で業務効率化と反響来店率をアップさせるSaaSです。(→ノマドクラウドHP

ノマドクラウドにはビデオ通話機能オプションがあり、こちらを用いて手軽に IT 重説やオンライン内見を実施することができます。

他のビデオ通話ツールでは、別のツールで行なわれたチャットなどのやりとりと照らし合わせて顧客との取引段階を確認しなければいけませんが、ノマドクラウドでは全てが集約されているためその面倒は生じません。ほかにも、

・ワンクリックでビデオ通話が開始できる(=専用アプリなどのDLが不要)
・1つのアカウントで同時に複数人が接客可能

など、仲介会社様とお客様双方の使い勝手にこだわっています。

ノマドクラウドで IT 重説をする流れ

ノマドクラウドで IT 重説をする手順はとてもシンプルです。

①お客様と IT 重説の日程を決めておく
②必要書類を事前送付する
③当日、お客様のマイページを開く
④ビデオ通話ボタンを押す(すると顧客に自動的にURLが送信される)
⑤録画する際はあらかじめ録画ボタンを押しておく
⑥ビデオ通話を始め、IT 重説を行なう

以上になります。URLをコピーして共有することで、お客様側も他のご家族などを招待することもできます。

IT 重説自体の注意点は「IT 重説徹底解説マニュアル② 国土交通省が示す IT 重説のポイントとは?」をご確認ください。

ノマドクラウドで IT 重説までもを含んだ顧客管理の一本化

お客様とのやりとりは営業の上で最も重要な部分です。ノマドクラウドのような営業支援ツールを活用し、正確に顧客情報を管理したり、お客様からの問合せに迅速に応えたりすることは、お客様のためにも会社のためにも必須の事と言っても過言ではありません。また、こうした支援ツールの導入により業務効率化が進み、人件費や残業時間の削減に繋がる事例も少なくありません。

ぜひノマドクラウドで業務効率化・反響来店率UPを実現してください。

image-Feb-05-2021-05-10-55-82-AM*ノマドクラウドは2月1日〜4月30日限定で1000分/月まで無料キャンペーン実施中です!

引越し繁忙期(3月〜4月)を控え、コロナ禍により非対面サービスの需要が高まる3カ月間、オンライン接客・内見を推進し、効率的で安全な部屋探しをサポートします。ぜひお問い合わせください!

 

今回の記事で紹介したサービス

メルマガ定期購読の登録はこちら

イタンジンの新着記事を毎週お届けします

SNSで情報を受け取る

イタンジ株式会社の最新情報をお届けします