イタンジン(ITANZINE)

不動産テックを
推進するチームのWebマガジン

2020-05-26

検索最上位にレビューを表示 SEO対策からGoogleマイビジネスへ

 

OGPImage_GoogleMyBusiness_B

 

『Google(以下グーグル)マイビジネス』というサービスをご存じでしょうか?

このサービスの普及により不動産店舗も含め、ネット集客に大きな変化が起きています。

グーグルマイビジネスとは

グーグルマイビジネスの機能は、多くの方がユーザー側として目にしたことがあるかと思います。飲食店や美容室、病院などに行くときにグーグルで店舗検索をすると、最上部に店舗の基本情報やレビュー(評価)が表示されるのはご存じの方が多いかと思います。

 

202002img_01

↑店舗の写真とともに、同じ画面上で電話、地図など手軽に確認できる

店舗はグーグルマイビジネスに情報登録すると、グーグル検索やグーグルマップ上に、店名・電話番号・住所・営業時間など、ビジネスの基本情報を掲載できるほか、写真掲載やクチコミの管理・返信が可能となります。スマートフォンの普及により、今、若年層を中心に多くのユーザーが、店舗へ訪れる前に、その店舗を検索するため、店舗情報だけでなく、レビューも目にすることになります。

例えばレストランを予約する際には、自然とそのレビューを確かめます。ちなみに先ほどの店舗は私の父が経営しているレストランです。

 

202002img_02 (2)

↑店の評価なども掲載され、レビューが良ければ集客にもつながる

なんとレビューは星4つで、口コミも好意的な内容が多いようです(安心)。

変化するグーグル検索とネット集客

グーグル検索のこれまでの役割は、インターネット上のあらゆるサイトを検索ワードから導くことでした。例えば、「中野 洋食屋」と探すと、『食べログ』や『ぐるなび』などのページや、SEO対策に力を入れている店舗HPなどが上位表示されます。その役割は今でも変わっておらず、キーワードで検索した際に上位表示されることを目指して、SEO対策することがネット集客の主要な打ち手でした。

しかし、最近、グーグルはそういったWEBサイトよりも優先的に、つまり最上位にグーグルマイビジネスによって登録された情報を表示するようになりました。

そのためインターネット上に存在するあらゆるサイトは、グーグルに問い合わせ先が移行してきているのです。

不動産業界とグーグルマイビジネス

不動産業界でも同様です。現在も不動産ポータルサイトで物件検索をすること自体は変わっていません。しかし、若年層を中心としたユーザーの一部はポータルサイトで物件検索をした後に、「〇〇不動産△△店」と店舗名を直接、グーグルで検索します。ここでレビューの評価が低ければ、その店舗に問い合わせをしない、という選択をするユーザーも多くいます。

また、エリアだけを特定し「不動産 中野坂上」のようなワードで検索をするユーザーがいた場合、グーグルマイビジネスに積極的に情報登録し、良いレビューが多い店舗の方が集客に有利といえます。

また、登録した店舗はグーグルマップ上でも店舗情報が表示されやすく、今後のネット集客ではSEOだけでなく、グーグルマイビジネスの最適化も重要といえます。グーグルではユーザーに閲覧されるほど上位表示の可能性が上がるため、早く対策した店舗が有利な構造となっています。

無料で店舗情報が検索結果やマップに掲載できるだけでも利用価値は十分ですが、最新情報を掲載したり、閲覧数やアクセス元地域などを簡単に分析することもできたりするなど、グーグルマイビジネスの活用の幅は多岐にわたります。

ユーザーレビューに関しては、良いものにも悪いものにも丁寧な対応を心がけることによって、コンバージョン率を高められる可能性が上がります。

あくまで正攻法で活用すべし

ただし、レビューを自社のスタッフに「やらせ」で登録させることはおすすめしません。グーグルは情報の正確性をシビアに判断し、不正が発覚すると強いペナルティを与えるといわれています。

掲載情報を充実させ、好意的なレビューを正攻法で集め、レビューには誠意をもって対応することが基本です。

もしまだグーグルマイビジネスを活用されていない場合は、店舗情報や最新情報を登録し、積極的に活用することをおすすめします。

変化するネット集客の方法に対応していきましょう。

(週刊 全国賃貸住宅新聞 2020年2月3日号 No.1399掲載 / イタンジ代表取締役 野口真平 寄稿)

メルマガ定期購読の登録はこちら

イタンジンの新着記事を毎週お届けします

SNSで情報を受け取る

イタンジ株式会社の最新情報をお届けします