イタンジン(ITANZINE)

不動産テックを
推進するチームのWebマガジン

2020-12-22

「不動産業界が独自に進化させた生産性向上の新DX」12/4実施 セミナーレポート

OGPImage_新DXセミナーメイン

物件確認や内見の予約、申込をアナログで行なうことによって、業務に膨大な時間がかかっていた不動産業界。近年では、そんな不動産業界にDX(デジタルトランスフォーメーション)化の風が吹いています。

今回は、12月4日に開催されたセミナー「不動産業界が独自に進化させた生産性向上の新DX」をもとに、不動産業界におけるDX化の全体像や、DX化に向けた新たな取り組みを紹介していきます。

不動産業界におけるDX化の全体像

不動産テックサービスの激化に対して、実際の不動産業界のDX化というのはあまり進んでいません。船井総合研究所不動産テックグループの杉浦智仁様によると、不動産業界におけるDX化の障壁として、次の3つが挙げられます。

①サービスの多さ
②理想形(あるべき姿)がわからない
③現場がついてこない

具体的に見ていきます。

1. 数あるサービスの中でどのように選択するか?

まず、数ある不動産テックサービスの中で最適なサービスを選択するためには「目的意識」をもつことが重要です。

たとえば、
・どのような課題を解決するために導入するか
・生産性の向上のため
など。

目的意識を明確にしたうえで各サービスの情報を集めていけば、おのずと最適なサービスが見えてきます。

2. 不動産業界におけるDX化の理想形とは何か?

DX化と一言で言っても、具体的にどのような状態になることが望ましいのか、見えてこないという声があります。不動産業界におけるDX化の理想形を一言で言うならば、「データを一貫管理できる体制を作ること」です。次の3STEPを踏むことによって実現することができます。

OGPImage_新DXセミナー1

効率化は会社にとって大きなメリットになるだけでなく、最終的にはお客様のメリットになります。世の中のIT化に合わせて不動産業界も進化していくことが、お客様のためにも求められています。

3. 現場の理解をどう促すか?

最後に、現場を置いてけぼりにするのではなく、うまく巻き込んでいく方法を模索しましょう。具体的には、

・比較的年次が若い社員をDX化推進リーダーに任命する
・推進リーダー+社長・幹部で進行させる
・進捗・成果をその都度全員に共有

といった方法が考えられます。現場に対して一方的に意思決定を伝えるのではなく、一緒に変えていくという意識をもつことが大切ではないでしょうか。

DX化に向けた新たな取り組み

具体的に各社でどのようにDX化が進められているのでしょうか。事例をご紹介します。

ナイス賃貸情報サービス株式会社『ナイスビューシステム』

ナイス賃貸情報サービス株式会社様は、鶴見・川崎に物件を中心に約8000戸の管理をしているナイス株式会社の、賃貸管理部門を担う企業です。

『ナイスビューシステム』は、建物管理の効率化のために、ナイス株式会社が開発した防犯カメラ遠隔管理システムです。このシステムでは、オーナー様や管理会社が、賃貸マンションに設置された防犯カメラの映像を、タブレットやスマートフォンを使ってリアルタイムで確認することができます。

代表取締役社長の大鋸本賢一様によると、実際に、2019年の台風15号、19号が襲来した際には、瞬時に被害を確認し、迅速なフォロー対応をとることができたそうです。

OGPImage_新DXセミナー2

株式会社エル・ディー・ケー『マンスリー代行』 

株式会社エル・ディー・ケイは、主に社宅仲介事業、マンスリー事業、コインパーキング事業、PM管理事業を行なっています。

「マンスリー代行」は、マンスリー事業者と利用企業を「仲介」するプラットフォームです。

それまでのマンスリー事業は、仲介プレーヤーが存在せず、業界的な連携が希薄になっていました。そこで、「マンスリー代行」では、全国家具家電付き案件を26000件を取り扱い、郵送なしの包括契約を完了できる転貸スキームを提供しています。

OGPImage_新DXセミナー3

身近なところからDX化を進める

このように、近年では不動産業界においてもDX化に向けた取り組みが積極的に行なわれています。

今回ご紹介したものは最新事例ですが、営業支援ツールの導入など身近なところからDX化を進めていき、生産性の向上を目指していきましょう。

なお、この記事は12月4日に開催された、不動産業界が独自に進化させた生産性向上の新DX をもとに作成しております。こちらのページより動画をご覧いただけます。

メルマガ定期購読の登録はこちら

イタンジンの新着記事を毎週お届けします

SNSで情報を受け取る

イタンジ株式会社の最新情報をお届けします