イタンジン(ITANZINE)

不動産テックを
推進するチームのWebマガジン

「今後もイタンジの商品・サービスに期待したい」ITANDI BBで物確〜WEB申込受付を完結している株式会社USTRUST様

_main_USTRUST訪問

イタンジのサービスを使ってから、業務効率化

・脱FAXで、自席を離れずに業務が完結

申込受付くんを導入し、完全ペーパーレス化に成功

不動産コンサルティング、宅地開発事業、賃貸管理事業、仲介事業を営む株式会社 USTRUST(アストラスト)様。賃貸管理事業において、2019年より申込受付くんと内見予約くん、2020年よりぶっかくんをご利用いただいています。また、一度のデータ更新で物件情報を一括入稿できるコンバーターシステム『不動3之助』と併用していただくことで、よりドラスティックな業務効率化を実現されています。今回はPM事業部課長の小柳 誠様に、導入を決めた理由や効果についてお話を伺いました。

ペーパーレス化をめざして申込受付くんを導入

− 初めに申込受付くんを知ったきっかけと、そのときの第一印象を教えてください。

「申込受付くんを知ったのは、リーガル賃貸保証からお話をいただいたのがきっかけです。ちょうど申込受付くんがスタートした直後くらいでしたが、そのときは別のシステムを使っていたのですぐに変えようというつもりはなかったんです。それに、1から情報を入力する必要があったため、その時間を割くことも難しかったというのも大きいです」

− 覚えています! また、当初はITANDI BBに掲載する物件も絞るというお話でしたね。そこから、実際に動き出すに至ったのはなぜでしょうか?

「やはりペーパーレス化したいなと。申し込みを一つ受けるにしても、まずFAXで申込書を送り、受け取る際にも複合機のところまで行き、字が読めなければ確認したり再送をお願いしたりして……と大変な作業量でした。ですから、申込受付くんを導入することで業務効率化すればと期待していました」

_21_【イタンジン】USTRUST訪問

− 実際、効果にはご満足いただけましたか?

「そうですね。別のシステムを使っていたときはそこまで実感していなかったのですが、イタンジのサービスをメインで使うようになってから、業務効率化の効果は感じるようになりました。特に不動3之助*を使うことによってかなり業務効率化が進みました」

*不動3之助:株式会社3Filmsが提供する、物件データの一括管理、ポータルサイトへの送信、自社HP運営などの不動産業務を支援するアプリケーション。複数のポータルそれぞれに情報を入力する手間が省ける。

− 同時期に導入いただいた、内見予約くんはいかがでしょうか?

「分析ができる点がよいですね。また、管理会社側だけでなく、仲介会社にとっても使いやすく作られているところもよいと思います。なぜそう思うかというと、別のシステムを使っていたときは内見のキャンセルが出たときに、その処理をしてくださらないケースが多かったんです。ですが、内見予約くんにしてからは、内見がなくなったときはきちんとキャンセル処理をしていただけるようになり、内見分析が正確に行なえるようになりました」

− 今年からぶっかくんをご利用いただいていますが、こちらはいかがですか?

「ぶっかくんの効果は絶大ですね。ぶっかくんを導入後に受電履歴を見たところ、なんと月に1600〜1800件の電話がかかってきていると判明したんです。今までこれを、自分たちで受けていたのかと衝撃を受けました。なんでもっと早くぶっかくんを入れなかったんだろうと思いましたね。コストの面や、他社からの営業などもあり、総合的に判断したいという理由で先延ばしにしていました」

_12_【イタンジン】USTRUST訪問

脱FAXで、自席を離れずに業務が完結

− ぜひ使い勝手についても伺いたいのですが、どのような機能が使いやすいでしょうか?

「申込受付くんのチャット機能はとても便利ですね。内見予約くんは予約状況がカレンダーでわかるのがよいです。また、問い合わせがない物件に関しては条件を見直すなど改善を検討できるので便利です。あとはぶっかくんのアカウントがある仲介会社様に関しては受電回数がわかるので、よくご紹介くださる会社様には積極的に営業をかけるなどしていますね」

− 保証会社との連携もご活用いただいているのですよね。

「よく株式会社オリコフォレントインシュアと株式会社Casaを使用しているので、連携できるのはすごく楽です。これまでは審査結果の確認等はFAXや専用サイトを使っていたのですが、連携後はITANDI BBのほうに通知がくるので。ただ、すべての仲介会社が慣れているわけではないので、入力のサポート等が必要な場合もあります」

− そうだったのですね。お手間をおかけして申し訳ありません。弊社にサポートチームがおりますので、仲介会社様からのお問い合わせはぜひイタンジにご連絡いただくようご案内いただければと思います。他に、今後改善してほしい点をお聞かせください。

「まずは内見予約くんについて、内見後に可決や検討中などのステータスを変更できるだけでなく、どのポイントがだめだったのかをメモする機能がほしいですね。オーナー様から聞かれた際に、答えられるようにしたいので。ITANDI BBはまだまだ基本的な機能が足りていないと思います。最低限、ほかの業者間サイトでできることは実装してほしいです。

あとは全体的な話になってしまいますが、今後も中立的な立場でいていただきたいなと思います。機能面が管理会社寄りになっても仲介会社寄りになってもだめで、双方にとって使い勝手のよいものを作り続けてほしいですね」

− ありがとうございます。複数のサービスを活用いただいていますが、相乗効果はありますでしょうか。

「内見の受付から保証会社の審査まで自席を離れずに完結できるのはよいですね。システムによっては、WEB申込まではできるけれど保証会社にはFAXを送らないといけない、というものもありますので。諸々の手間が省けた結果、現在は不動3之助を通して物件情報をBBに流すところから審査、成約にいたるまですべての業務を一名のメンバーで担当することができています」

_07_【イタンジン】USTRUST訪問

− お一人で! すばらしいですね。

「申込受付くんを導入した当初は紙でもWEBでも受け付けていたのですが、今はWEBでしか受け付けていません。仲介会社様の中でもITANDI BBがだいぶ浸透してきて、『ITANDI BBでお願いします』といえば『わかりました!』で完結します」

− そのフローに関しては完全にペーパーレス化できたのですね。

「そうです。自分もよく出先で社用携帯を使ってちょっとした確認をしたり作業を進めたりしているのですが、オンライン化したことでそうした隙間時間を使えるようになったことがとても便利ですね」

− 最後に、今後のイタンジに期待することをぜひ教えてください。

「正直最初は、“急成長している会社” って不安だなという印象をもっていたんです。ですが今は期待しかなくて。他社からの営業もあった中でイタンジのぶっかくんを選んだのも、イタンジの商品で一本化していこうと思えたからなんです。新たにリリースされた更新退去くんも導入予定ですが、今後発表されるものも必要なものであれば取り入れていこうかなと思っています。今後は修繕・リフォームの管理や、管理業務の基幹ソフトもぜひ開発してほしいですね。ここまできたら、どこまでも突き進んでほしいです!」

− ありがとうございました!

hayakawa【編集後記】
ぶっかくん導入直後にお電話させていただいたときに、第一声で「なんでもっと早く入れなかったんだろう!」と言っていただけたことがとても印象に残っています。数日間で変化を実感していただけたのだということがよくわかり、大変嬉しく思いました。今後も更新退去くんをはじめとして、ご期待にそえるサービスをご提供できるよう邁進してまいります(CS 早川)

▶︎参考リンク:株式会社 3Films

今回の記事で紹介したサービス

メルマガ定期購読の登録はこちら

イタンジンの新着記事を毎週お届けします

SNSで情報を受け取る

イタンジ株式会社の最新情報をお届けします